ノコギリヤシだけでは足りない

ノコギリヤシだけでは足りない

ノコギリヤシというのは、男性ホルモンを減少させる効果がありますので、その結果、前立腺肥大の症状が改善されたり、薄毛や抜け毛などといったような症状も改善されます。
それだけ摂取しても一定の効果はあるのですが、亜鉛と同時に摂取すると相乗効果が期待できると言われているのです。
亜鉛とは、人間の身体の中の男性ホルモンを抑制してくれる働きがあるため、人体にとって必要不可欠な成分だといえます。

五大栄養素で分類すると、ミネラルの一種であり、身体の中に300種類以上存在していると言われている酵素の働きに関わっている非常に重要な栄養素なのです。
もし、亜鉛がなくなってしまったら、人体は生命を維持することができないだろうと言われているほど、人間の体にとって必要不可欠な存在でもあります。
また、亜鉛は髪にもいいといわれていますので、薄毛や抜け毛に悩んでいる中高年の男性たちの間で人気が集まっているようです。

そこで、亜鉛とノコギリヤシを同時に摂取してしまうと、どちらも男性ホルモンを抑制する効果がありますので、精力が減退してしまうのではないかと心配する人もいるかもしれませんが、それについては問題ありません。
この2つの成分は、どちらもジヒドロテストステロンという男性ホルモンのみに作用します。
亜鉛というのは、男性ホルモンの中でも薄毛とかかわりのないテストステロンの原料になっていますので、テストステロンが減少してしまうと、それを補ってくれるために薄毛にかかわりの深いデヒドロテストステロンが生成される量が増えるといわれているので、亜鉛とノコギリヤシの相乗効果により、テストステロンが増え、デヒドロテストステロンの量が減少すれば、根本的な抜け毛や薄毛の問題における根本的な解決へとつながるのではないでしょうか。
ノコギリヤシだけでも、毎日続けて摂取していけば、効果を実感することはできるのですが、亜鉛も同時に摂取することで相乗効果が期待できるといえるのです。