厚生労働省とノコギリヤシの摂取量

厚生労働省とノコギリヤシの摂取量

ノコギリヤシにおいては、日本では健康食品として知られているようです。
これは、基本的には厚生労働省が摂取量を定めていないことを意味します。
簡単にいうと、ノコギリヤシはまだ研究段階にあるために、明確なことが分からず、基準などを定めることが難しいという段階だといえるでしょう。
とはいえ、一日における摂取量の目安としては、約200mg~300mgが基準値となっているようです。

この基準値を定めている人は、サプリメントなどを販売しているメーカーで、実験による結果と外国における摂取量を目安として定めたものなのです。
実際に、外国においては、医薬品として知られていますので、明確な量がきっちりと算出されているようです。
しかし、この点において、日本ではまだ研究段階にあるということができるのではないでしょうか。

そういうわけで、日本において摂取する際には、サプリメントなどを製造しているメーカーが指定している量を基準とすることができるのです。
サプリメントなどといったような健康食品に関していえば、ノコギリヤシもそうなのですが、即効性を期待するのはなかなか難しいようです。
したがって、毎日、基準としている目安量をきちんと摂取し続けていく段階で、ようやく少しずつ効果を実感できるようになるものなのです。

そこで、すぐに効果が実感できないからといってあきらめることなく、気長に考えて、摂取し続けることが大切となってきます。
過剰摂取などをしてしまうと、副作用などの心配がでてきますので、用量は守らなければなりません。
用法や用量などについてきちんと守っていれば、確実に効果がでてくることを期待することができます。

ただ、こちらの植物は、日本では健康食品なのですが、ヨーロッパなどの外国においては医薬品として扱われているようです。
それだけ、確実な効果を期待することができるということではないでしょうか。
毎日、きちんと摂取し続けていれば、必ず効果を実感することができるでしょう。