ノコギリヤシとホルモンバランス

ノコギリヤシとホルモンバランス

ノコギリヤシは、男性ホルモンの1つであるジヒドロテストステロンが生成されないように抑えてくれる働きがあります。
そのために、ジヒドロテストステロンが増加することによっておこるAGAと言われている男性型脱毛症や頻尿、前立腺肥大症などといったような症状を改善シテクレル効果を期待することができると言われているようです。
ジヒドロテストステロンという男性ホルモンは、中高年の男性の多くが悩んでしまっている症状を引き起こす要因ともなるため、様々な場面で悪者扱いされがちなのですが、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンによる作用は、身体に害をおよぼすものだけではありません。

特に成長過程の子供たちにとって欠かすことができないホルモンだと言われているのです。
そのため成長過程の子供がノコギリヤシを摂取することによって、ホルモンの分泌が変化してしまい、正常な整腸を妨げてしまう可能性があります。
また、ジヒドロテストステロンは男性ホルモンの1つであるために、女性とは無縁のように感じてしまいがちですが、分泌量に違いがあるだけで女性でも男性ホルモンを分泌しているため、ノコギリヤシを女性が摂取することによってその女性のホルモンのバランスにも影響を与えてしまいます。

特に、妊娠期間中や授乳期間中の女性というのは育児や出産のためにホルモンの分泌量が普段とは異なっているため、ホルモンのバランスが崩れてしまうことによって、乳児や胎児が成長するうえで大きな影響を与えてしまう可能性があるようです。
ジヒドロテストステロンという男性ホルモンは、男性器が発育をするために必要としているホルモンでもありますので、ノコギリヤシを摂取することによって、こちらのホルモンの生成が抑制されてしまうと、特に男児の生殖器が成長するうえでの妨害となってしまう可能性があります。
ただ、こちらの植物を摂取したことによって、すべての人がホルモンバランスを崩してしまうわけではありません。
適量を守って摂取すれば問題ない場合がおおいのです。